初心者用PHP入門へようこそ 当HPは初心者のためにPHPを解説しています。

- 初心者用PHP入門 -



PHPの本
よくわかるPHPの教科書

ノンプログラマに最適。「誰にでも伝わる教え方」で、最初の一歩から実用レベルまで解説しました。「プログラミングに拒否感がある」「他の入門書で挫折したことがある」そんな方でもこの本ならスイスイ読めます。
PHPの本
PHP 逆引きレシピ

いまさら聞けない・誰も教えてくれない本当に必要な知識と技を一冊に凝縮。困ったときにすぐ引ける!実践で即役立つテクニックと開発ノウハウ、つまづきやすい・ハマりやすいポイントを徹底解説。Windows/Mac対応 PHP5.3対応。
PHPの本
PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

PHPスクリプティングの決定版サンプル集が最新のPHP5に対応して登場。実用的なサンプルを自力で動かす感動を通して、PHPの使い方や実装方法が自然と身に付きます。

制御構造

ここでは「if」「else」「switch」の制御構造の説明をします。

 「if」は「もし〜だったら」という条件が当てはまれば「if」以下の処理を行うものです。 「if」で条件判定をし、条件に合わなければ次は「else if」で条件判定を行い、さらに合わなければ 「else if」で繰り返し、、、、最後にどの条件にも合わなかったら「else」以下で処理を行います。

<?php
  $point = 100;
  if ($point >= 70) {
    print ("合格");
  }
  else if ($point >= 50) {
    print ("もうちょっと");
  }
  else {
    print ("残念");
  }
?>
実行結果: 合格

 if else文のほかに分岐処理にはswitchがあります。 switch文は条件を指定し、それがcaseの後の値に合えばその後に続く処理を実行します。 switch文は合致した箇所以降の処理を全て行ってしまうので通常break命令を利用して 処理を強制終了させます。ではswitch文のサンプルを見てみましょう。

<?php
  $point = "B";
  switch ($point){
    case "A";
      print("合格");
      break;
    case "B";
      print("もうちょっと");
      break;
    case "C";
      print("残念");
      break;
  }
?>
実行結果:もうちょっと


[戻る]  [TOP]  [次へ]


This website is link free.
All graphics and page design, Copyright © 初心者用PHP入門
since 2005.12.10

スポンサー
脱ステロイドお腹が鳴る臭い対策