初心者用PHP入門へようこそ 当HPは初心者のためにPHPを解説しています。

- 初心者用PHP入門 -



PHPの本
よくわかるPHPの教科書

ノンプログラマに最適。「誰にでも伝わる教え方」で、最初の一歩から実用レベルまで解説しました。「プログラミングに拒否感がある」「他の入門書で挫折したことがある」そんな方でもこの本ならスイスイ読めます。
PHPの本
PHP 逆引きレシピ

いまさら聞けない・誰も教えてくれない本当に必要な知識と技を一冊に凝縮。困ったときにすぐ引ける!実践で即役立つテクニックと開発ノウハウ、つまづきやすい・ハマりやすいポイントを徹底解説。Windows/Mac対応 PHP5.3対応。
PHPの本
PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

PHPスクリプティングの決定版サンプル集が最新のPHP5に対応して登場。実用的なサンプルを自力で動かす感動を通して、PHPの使い方や実装方法が自然と身に付きます。

HTTP関数とクッキー

ここではHTTP関数のうちの「クッキー」について解説します。 クッキーとはサーバーにアクセスしてきたブラウザに対し、その情報等を一時的に保存しておく仕組みのことです。 ブラウザがいつ訪問したのか、何回目の訪問なのかなどの情報を保存します。 ユーザ側のPCに保存するため、各ユーザごとに固有の情報を持ち、ユーザの識別などに使うことができます。 WEB上の掲示板などで一度書き込みを行うと、その情報がクッキーに保存され 次回から名前やURLなどを再入力する必要がありません。 ショッピングサイトにおいても、クッキーを使って現在のカート内の商品などを保存して 多くの商品を一度に購入することができるわけです。

setcookie(クッキー名[,クッキーの値[,有効期限[,パス[,ドメイン[,セキュア]]]]])

PHPではsetcookie関数を使ってクッキーを使用します。 setcookie関数では、1つ目の引数でクッキー名を指定します。 以降、有効期限にタイムスタンプを、パス・ドメインには それぞれ利用する対象のパス・ドメインを、 セキュアにはクッキーをSSL通信時にだけ送信するかを決めるTRUE/FALSEのどちらかを指定します。 setcookie関数により発行されたクッキーはブラウザのリクエストヘッダーに含まれているので $_COOKIEのグローバル関数を書くだけで簡単に取得できます。

$_COOKIE[ "クッキー名" ]

では実際にsetcookie関数を利用したサンプルを見てみましょう。

<?php
  $time = $_COOKIE["firstphp"];
  if(!isset($time)){
    $time = 0;
  }else{
    $time++;
  }
  setcookie("firstphp", $time, time()+60*60);
?>

<html>
<head>
<title>cookie.php</title>
</head>
<body>
<?php
  if($time==0){
    print("はじめまして〜");
  }else if($time == 1){
    print("2回目ですね!");
  }else{
    print("たくさん来てくれてありがとう〜");
  }
?>
</body>
</html>

 実行結果を見る

ここではクッキーを保存してユーザの訪問回数に応じて表示を変えています。 変数timeでは、値が入っていないときは初めての訪問として0を代入して、 値が入っているときは変数をインクリメントして訪問回数を計算しています。

$time = $_COOKIE["firstphp"];

$_COOKIEのスーパーグローバル関数でクッキー名firstphpのクッキー値を呼び出しています。 初めてページを読み込みを行ったときは、firstphpというクッキーは存在していませんので、 setcookie関数はFALSEを返します。

setcookie("firstphp", $time, time()+60*60);

firstphpというクッキー名、ユーザの訪問回数をクッキーの値として持ち 有効期限を1時間としています。



[戻る]  [TOP]  [次へ]


This website is link free.
All graphics and page design, Copyright © 初心者用PHP入門
since 2005.12.10

スポンサー
脱ステロイドお腹が鳴る臭い対策