初心者用PHP入門へようこそ 当HPは初心者のためにPHPを解説しています。

- 初心者用PHP入門 -



PHPの本
よくわかるPHPの教科書

ノンプログラマに最適。「誰にでも伝わる教え方」で、最初の一歩から実用レベルまで解説しました。「プログラミングに拒否感がある」「他の入門書で挫折したことがある」そんな方でもこの本ならスイスイ読めます。
PHPの本
PHP 逆引きレシピ

いまさら聞けない・誰も教えてくれない本当に必要な知識と技を一冊に凝縮。困ったときにすぐ引ける!実践で即役立つテクニックと開発ノウハウ、つまづきやすい・ハマりやすいポイントを徹底解説。Windows/Mac対応 PHP5.3対応。
PHPの本
PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

PHPスクリプティングの決定版サンプル集が最新のPHP5に対応して登場。実用的なサンプルを自力で動かす感動を通して、PHPの使い方や実装方法が自然と身に付きます。

 セッションとはサーバーとクライアントとの一連のやりとりのことです。 どのユーザーがアクセスしてきているのか、あるいはこれまでにどのような情報のやり取りが あったのかといったことを判断します。 このようなサーバーとクライアント間の情報を管理・保持することをセッション管理と言います。

サーバーはリクエストがあったクライアントに対して、セッションIDというものを だし、それをクライアント側に保存させます。 サーバーはセッションIDとクライアントとのやり取りの情報を保存します。 次回、クライアントがそのサーバーに接続した際に、セッションIDにより それまでにやり取りした情報や記録を保持したものを引き継ぐことができるのです。 セッションとクッキーの違う点はクッキーはクライアント側で情報を保存しますが セッションではサーバー側が情報を保存します。

セッションを利用するためにphp.iniに以下のような設定をしましょう。 任意のディレクトリは実際に作成してディレクトリ名を書きましょう

session.use_trans_sid = on
session.save_path = 任意のディレクトリ

実際にセッションの使用例を見てみましょう。 「session_start();」と書くことでセッションを初期化し使用します。 以下のPHPスクリプトを実行してみましょう。 登録確認画面においてもセッションが保たれていることが確認できると思います。

<html>
<head><title>session.html</title></head>
<body>
商品登録
<form action="regist.php" method="post">
  <table>
    <tr>
      <td>商品名</td>
      <td><input type="text" name="syouhin"></td>
      <td>
        <input type="submit" value="登録">
      </td>
    </tr>
  </table>
</body>
</html>
<?php
  session_start();
?>
<html>
<head><title>regist.php</title></head>
<body>
<?php
  $syouhin = $_POST['syouhin'];
  $_SESSION['syouhin'] = $_POST['syouhin'];
  print("次の商品を登録しました<br />");
  print("商品:$syouhin<br />");
?>
<a href=regist_check.php>商品の確認</a>
</body>
</html>
<?php
  session_start();
?>
<html>
<head><title>regist_check.php</title></head>
<body>
<?php
  print ("登録済み:<br />");
  print ($_SESSION['syouhin']."<br />");
?>
<a href=session.html>追加登録</a>
</body>
</html>
 実行結果を見る


[戻る]  [TOP]  [次へ]


This website is link free.
All graphics and page design, Copyright © 初心者用PHP入門
since 2005.12.10

スポンサー
脱ステロイドお腹が鳴る臭い対策