初心者用PHP入門へようこそ 当HPは初心者のためにPHPを解説しています。

- 初心者用PHP入門 -



PHPの本
よくわかるPHPの教科書

ノンプログラマに最適。「誰にでも伝わる教え方」で、最初の一歩から実用レベルまで解説しました。「プログラミングに拒否感がある」「他の入門書で挫折したことがある」そんな方でもこの本ならスイスイ読めます。
PHPの本
PHP 逆引きレシピ

いまさら聞けない・誰も教えてくれない本当に必要な知識と技を一冊に凝縮。困ったときにすぐ引ける!実践で即役立つテクニックと開発ノウハウ、つまづきやすい・ハマりやすいポイントを徹底解説。Windows/Mac対応 PHP5.3対応。
PHPの本
PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

PHPスクリプティングの決定版サンプル集が最新のPHP5に対応して登場。実用的なサンプルを自力で動かす感動を通して、PHPの使い方や実装方法が自然と身に付きます。

 さて、ここではPHPのよく使われる用語について説明します。 とりあえず知っておきたい用語として変数・制御構造・関数・演算子があります。 変数とは、数値や文字列を保存しておく箱のようなものです。 制御構造とは、それぞれの処理に対して順番などを決める条件により変化を決める仕組みです。 関数とは、ある情報や値からそれぞれの関数において決められた処理を行うものです。 演算子とは計算や比較、代入などを行うものです。

 PHPのスクリプトを書くとき、PHPが始まる部分と終わる部分を指定してあげなければいけません。 「<?php」が開始で「?>」が終わりを意味します。HTMLにおける<html>・・・</html>のようなものです。 スクリプトを書くときはこれを書くことを忘れないようにしましょう。

 PHPスクリプトをWEBサーバーで処理させるためにファイルの拡張子は「.php」 でなくてはいけません。.htmlなどの拡張子を使うとWEBサーバーがHTMLと判断してしまいます。

 最初のうちは小さいスクリプトを書くのでコメントはさほど重要ではないですが、 そのうち大きなスクリプトを書いていると自分が書いたスクリプトのどの部分が どういう役割をしているのかを忘れてしまうことがあります。 また、他の人が書いたスクリプトを修正する場合、自分が書いたもの以上に理解が大変でしょう。

 そこで、スクリプトの内容をわかりやすくするために「コメント」を書きましょう。 PHPは「/*」から「*/」で囲まれた部分はコメントと判断し、無視するようになっています。 「//」と「#」はこれらの記号のうしろの1行分をコメントとして扱います。 なるべくコメントを書く習慣を身につけておきましょう。

<?php

  // ここはコメントとなります。

  # ここはコメントとなります。

  /*
    ここはコメントとなります。
  */

?>



[戻る]  [TOP]  [次へ]


This website is link free.
All graphics and page design, Copyright © 初心者用PHP入門
since 2005.12.10

スポンサー
脱ステロイドお腹が鳴る臭い対策